2008年05月22日

まもなく関東地方で大地震!?確率は70〜80% 大気イオンの異常な急上昇を検知★2

1 :メル ◆aquaO2s2S6 @甘がみアリゲーターφ ★:2008/05/21(水) 20:58:17 愛 0 ?DIA(235555)
大気イオンの異常な急上昇を検知


ダムの決壊を恐れ、集団で避難する人たち=17日、四川省北川県(新華社=共同)
 中国四川大地震の発生直後、関東地方で大地震が起こる前兆とも受け取れる不気味なデータが観測され、憶測を呼んでいる。阪神・淡路大震災をキッカケに発足し、過去に何度も国内で大地震の予測に成功したNPO法人「大気イオン地震予測研究会」が13日、関東の観測拠点で大気イオンの異常な急上昇を検知していたのだ。大阪市立大名誉教授で予測研理事長の弘原海(わだつみ)清氏(76)は「要警戒。別の情報も合わせて詳細に検討する」としている。

 「これまでの結果でいえば、大気イオン濃度が急上昇した後、実際に大きな地震が起こった確率は70−80%」と、弘原海氏は語る。

 予測研は阪神大震災が起こる前、大気中のイオン濃度が急上昇していたことに着目し、研究をしていた弘原海氏らが2004年5月に設立した。現在、岡山理科大や神奈川工科大など、全国11カ所に観測拠点を置いている。


校舎倒壊で死亡した子供たちの学生証。親たちがこれをもとに我が子の死を確かめる(AP)
 四川大地震翌日の13日、神奈川県厚木市にある観測拠点で、1cc当たりのイオン濃度が急上昇。その値は約11万7000個と、平常時の150倍超の大きなものだった。これは四川大地震の影響ではなく、関東地区でのなんらかの異変の前触れとみるべきなのだという。

 予測研では、昨年も3月の能登半島地震(M6.9)や7月の新潟県中越沖地震(M6.8)などM5以上の大きな地震の前には大気イオン濃度の急上昇を検知しており、今月8日の茨城県沖地震(M7.0)の前にも、4月22日に厚木市の拠点でデータの急上昇を確認していた。

 M5クラスの地震はイオン濃度上昇後、すぐに発生することもあるが、「M7クラスの大きな地震ほど、数週間、もしくはそれ以上の時間を置いて起こる傾向がある」という。

 予測研ではイオン濃度の計測だけでなく、動物の異常行動などにも注視しており、「イオン濃度が急上昇しても、すぐに地震が来るとはいいません。ただ、様々なデータや情報のなかで、濃度の上昇は1番初めに起こり、動物の異常行動などは地震の直前」と説明している。
◆ソース
http://www.zakzak.co.jp/top/2008_05/t2008051901_all.html
+現在の大気イオン濃度測定値−神奈川・厚木測定点|e-PISCO
http://www.e-pisco.jp/r_ion/data/kanagawa_atsugi.html
◆前スレ
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1211305570/
★1:2008/05/21(水) 02:46:10 愛 0
◆関連スレ
【予言】ジュセリーノ氏「中国で発生しなければ、日本で起こる」 9/13に大地震
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1205650841/
「2ちゃんねる」で中国大地震予言?? 「憶測」乱れ飛びネット大揺れ
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1210862067/
2ちゃんねるの反応▼
posted by 2nn at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

医学】 アルツハイマー病のワクチン開発に成功 名大など

1 :川: ;@u@)y~~~<パパデスφ ★:2007/03/29(木) 08:27:55 ID:???
 アルツハイマー病の原因物質アミロイドを脳から取り除くワクチンの開発を進めていた国立長寿医療センター研究所(田平武(たびら・たけし)所長、愛知県大府市)と名古屋大などのチームが、マウスを使った実験で発症後に飲むと認知能力が戻ることを確かめた。脳炎や出血などの危険な副作用もなかった。4月6日から大阪市で始まる日本医学会総会で発表する。完成すれば、欧米で開発中のワクチンの難点である安全性やコストの問題を解決した新ワクチンになる。研究チームは次の段階として、少人数の患者を対象にした臨床試験の準備を進めている。

 このワクチンは、病原性がないウイルスの殻にアミロイドというたんぱく質を作る遺伝子を入れてある。口から飲むと、腸の細胞がこの「偽ウイルス」に反応してリンパ球がアミロイドを攻撃する抗体を作る。この抗体が脳にたまったアミロイドにくっつき、ばらばらにして取り除く。 研究チームは、月齢を重ねると必ずアルツハイマー病を発症するよう遺伝子を変化させたマウス28匹を使って効果を試した。アルツハイマー病を発症した生後10カ月の時点で、半数の14匹にはワクチンを飲ませ、残りには飲ませなかった。 その結果、ワクチンを飲んだマウスはほぼすべて、3カ月後、記憶力や学習能力など認知力を試す4種類のテストすべてで成績が発症前のレベルまで戻った。一方、ワクチンを飲まなかったマウスは全テストで成績が落ち、認知力の大半を失っていた。

 03年にワクチンを飲んだマウスの脳内のアミロイドが消えることを明らかにしていたが、今回初めて、実験で症状が改善することまで確認した。 アイルランドの製薬会社が開発した世界初のアルツハイマー病ワクチンは、臨床試験中の02年に患者の6%が重い脳炎を起こしたため、開発中止になった。今回名古屋大などが開発したワクチンは直接たんぱく質などを注射する方法ではないため安全性が高く、大量生産が可能なうえ、薬液を飲むだけで簡単という利点がある。実験をした名古屋大の鍋島俊隆教授(医療薬学)は「アミロイドはたまり始めているが症状はまだ出ていない、という段階で使えば予防効果も期待できる」と話す。
http://www.asahi.com/life/update/0329/005.html
2ちゃんねるの反応▼
posted by 2nn at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

【恐竜】鶏はティラノサウルスの現存する「近縁」…分子レベルで初の裏づけ(画像あり)

1 :どろろ丸φ ★:2008/04/26(土) 14:38:10 ID:???0
鶏の祖先は恐ろしかったのだという新証拠が出たことに鑑みて、もうちょっと畏敬の念をもって接してもいいのではないだろうか。

6800万年前のティラノサウルス・レックス(T-rex)のタンパク質小片の分析を行い、現存21種の動物と絶滅したマストドンの分析も行った結果、恐竜は鳥と共通の祖先を有していることが確認できた。とりわけ鶏やダチョウとよく似ており、またそれらほどではないがワニとの類似点も確認できた。2003年発見の非常に珍しいT-rex化石を研究できたおかげで、「暴君トカゲ」(の意の語源)のT-rexは脊椎動物の系統樹でその位置が確かめられた。化石の殆どは骨や殻のような硬組織しか残っていないが、この化石には恐竜のコラーゲンや血管の軟組織が残存していたのだ。

ハーバード大学のクリス・オーガン博士らの研究グループは、T-rex化石と16万年〜60万年前のマストドン化石に残存していたコラーゲンのタンパク質を分析した。そして鶏、ダチョウおよび象を含む現代の21種の脊椎動物のタンパク質を比較した。T-rexのタンパク質は鳥類と最も似ており、マストドンは象と最もよく似ていたと「サイエンス」誌は
結んでいる。「この結果は骨格構造学による予測と合致しており、恐竜から鳥への進化説を初めて分子レベルで証明するものだ」と、オーガン博士は言う。

共同研究者のジョン・アサラ教授(ベス・イスラエル・ディーコネス医療センター)は、「結論として、T-rexはこれまで研究したどの有機体よりもダチョウや鶏などの鳥類グループに近いと私たちは断定した。ワニやアノールトカゲなどの現代の爬虫類よりも鳥類に近い分類になる」と語った。これまで、鳥類は現存する恐竜の近縁であるとする仮説があったが、それは主要に骨構造の類似性を根拠にしたもので、科学者たちはずっと疑いの気持ちを持っていた。(以下略)

http://newsplus.jp/~mcqueen/uploader/src/up0232.jpg
http://newsplus.jp/~mcqueen/uploader/src/up0233.jpg
http://www.telegraph.co.uk/earth/graphics/2008/04/24/scidino124.jpg
英テレグラフ:
http://www.telegraph.co.uk/earth/main.jhtml?xml=/earth/2008/04/24/scidino124.xml

2ちゃんねるの反応
posted by 2nn at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

【宇宙】 ホーキング博士「おそらく人類は孤独ではない」 地球外生命体の可能性を語る ★2

1 : ◆rotiEKAY.k @ろちかφ ★:2008/04/23(水) 02:13:59 ID:???0 ?2BP(1589)
◇ホーキング博士、地球外生命体の可能性を語る

ワシントン(AP) 宇宙論で有名な英国の物理学者、スティーブン・ホーキング博士(66)が21日、米航空宇宙局(NASA)設立50周年を記念して、米ジョージワシントン大学で講演した。

講演は「地球外生命体は存在するかどうか」がテーマ。おそらく人類は孤独ではないとホーキング博士は語り、ではなぜ宇宙人が流す電波をわれわれは傍受できないのか、例えば「エイリアンクイズ番組」のような放送電波に遭遇してもいいのではないかと問い掛けた。

可能性としては、地球外生命体は存在しないかもしれないし、存在するとしても、宇宙に電波を送る技術があるのなら、核兵器開発能力も持っていると考えることもできる。

しかしホーキング氏は3番目の可能性を信じたいといい、「原始的な生命体は非常によくあるが、知的生命体は極めて稀有だ」と指摘。「地球でもそれ(知的生命体)はまだ発生していないという意見もあるだろう」と付け加えた。

宇宙人に恐怖を感じないかとの問いには、宇宙人に誘拐されるという話は妄想だとしても、宇宙人は地球人とは違うDNAを持っているかもしれず、「もし宇宙人に出会ったら、地球人が抵抗力を持たない病気に感染するかもしれない」という。

人類の宇宙探査については「もし人類があと百万年生き続けようとするのなら、前人未到の領域に踏み込む大胆さが必要だ」と力説。宇宙探査に予算を割くことを渋る人たちは、1492年のコロンブスの冒険に反対した人たちと同じだと言い、「新世界の発見は、旧世界に根本的な変化をもたらした。ビッグマックもKFCもなかったかもしれないと考えてみてほしい」と訴えた。
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200804220015.html

※前スレ:http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1208850590/

2ちゃんねるの反応
posted by 2nn at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。